車線変更でウインカーを出すタイミングは?自動車の運転で一番怖い?

スポンサードリンク

 今日も憂鬱な気分で出発。

 憂鬱というのはもちろん冗談ですが、運転中に好ましいことではないのは間違いないでしょうね。

車線変更でウインカーを出すタイミングは?

 二車線以上の道路だとどちらを走るか迷いますよね。右の方が空いているから急いでいるときはそちらがいいのですが、右折車で止められることもしばしば。

 だから一番速いのは、どちらかに固定するのではなく、空いている方を選ぶことでしょう。しかしそのためには車線変更を頻繁に行う必要があります。

 極端な場合は、レースでもしているかのように右へ左へと移動している車を見かけます。危ないというか、ルール違反でしょう。

 車線変更の時は、その3秒以上前にウインカーを出さなければいけません。急ぐ気持ちもわかりますが、ウインカーを出すと同時に割り込んでくるのは危険なのでやめましょう。

 ウインカーを出すタイミングが多少早い分には問題ありませんので、車線変更は落ち着いて行いましょう。

車線変更は自動車の運転で一番怖い?

スポンサードリンク

 真っ直ぐ進むだけなら前を見ていればいいし、バックしたいなら後ろを見ればいい。

 しかし、車線変更の場合は前も横も後ろも見なければなりませんので結構神経を使います。自動車の運転で一番怖いのではないでしょうか?

 今日は進みが悪いと思っていましたが、前の方でバスが走っているのを確認できました。停留所が狭いのでその度に止められるのです。

 これは追い越すしかないでしょう。ということで車線変更。前よし、右よし、後ろよし………と思っていたら前の車と急接近してしまいました。

 正直危なかったです。何が原因かというと、信号。信号が赤になったので前の車が止まったわけです。そう、上も見なければいけないのです。

 前の車に注意がいきすぎると、少し前の信号が視界から消えてしまうことがあるのです。車間距離があったからといって油断はできませんね。

 この他に見落としやすいケースとしては斜め前。ウィンドウ横のフレームが死角になることはありませんか?

 後ろはミラーで、前と横は目視でいいんですが、斜め前に気が付かないことも少なくないです。車線変更したら目の前に車がいる………というのも結構怖いです。

 また、夕暮れ時に雨が降っている場合は普通に視界が悪いので注意が必要です。どうしても必要な場合でなければおとなしくしているのが無難かと思いますね。

 今日も無事に会社に到着しましたが、運が悪ければ事故を起こしています。できるだけ注意して、運に頼らない運転を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ