realsyncにエラー!整数ではありません?アンインストール?

スポンサードリンク

 私はデータのバックアップにフリーソフトの「realsync」を使っています。使用している方ならわかると思いますが、滅茶苦茶便利ですよね!

 某ハードディスクのおまけで付いて来た類似ソフトは「コピー」のみで「削除」は行わないというとんでもないソフトでしたから(笑)。

 優秀なrealsyncは今日も自動でバックアップを取ってくれている!と思っていたら………

realsyncにエラー!整数ではありません!

computer_harddisk

 私はrealsyncを「スタートアップ」に登録しているので、パソコンを起動させると自動で表示されます。

 そこまではいつもどおりでしたが、違ったのは起動直後にエラーメッセージが出たことです。

 「整数ではありません」

 「はぁ?」。意味が分かりません。とりあえず、OKを押しましたが、なんとrealsyncの設定が消えていました。

 「???」。一時的なものかと淡い期待をしましたが、消えていましたね。綺麗サッパリと。

 仕方がないので再設定。設定内容を慎重に確認してrealsyncを閉じました。すると再び

 「整数ではありません」

 …………。しかも今度は(も?うろ覚えで申し訳ありません)「i/oエラー」まで出ました。そして………

 はい、また消えました。一体どうすればいいのでしょうか?

realsyncのdatファイルを削除!アンインストールは不要

スポンサードリンク

 調べてみると同じ症状が出た方がたくさんいらっしゃいました。あぁ良かった。

 原因はよく分かりませんが「RealSync.exe」と同じフォルダに入っている「RealSync.dat」が突然壊れてしまう(0KB)ことによって起きる不具合のようでした。

 対処法は「RealSync.dat」をいったん削除することです。RealSync自体を削除(アンインストール)する必要はありません。

 いったん削除すると、再設定した後にRealSyncを閉じても上記のようなエラーメッセージは表示されず、設定は消えません。

 元のフォルダを確認すると「RealSync.dat」が元気な状態(1KB)で復活しています。

 データのバックアップは非常に重要ですので、ほっとしました。しかし、原因が不明な以上はまた同じエラーが起きる可能性があります。

 設定したら「更新元」と「更新先」のアドレスをコピーして保存しておきましょう。そうすれば面倒なフォルダ指定はもうしなくて済みますから。

 今日のところは安心して眠れそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ