百田夏菜子の性格と演技力は?ショートの理由は?幕が上がるに出演中

スポンサードリンク

 今回は映画「幕が上がる」に出演中の百田夏菜子さんについて。

 百田夏菜子さんは静岡県出身、ももいろクローバーZのリーダーです。

百田夏菜子

 可愛いですね。

百田夏菜子さんの性格と演技力は?

百田夏菜子

 百田夏菜子さんは非常に性格がいいことで有名です。

 優しくて明るい方なので他の人も元気になれるそうです。天真爛漫(大人に対しては「バカ」という意味になるので気をつけましょう)とも。

 運動神経がよく、多くのスポーツをやっていたのでわんぱくな性格でもあるようです。天然ボケなところがあり、あほとも言われているようですが、それを含めて可愛いと思います。

 百田夏菜子さんは女優としての活動もしています。演技のレッスンは受けていますが、まだ「上手い」と言えるほどはありません。

 しかし、「幕が上がる」の監督である本広克行さんは「熱みたいなものを出せる人がいい役者」、「百田夏菜子さんはそれが出来る人」と評価してくれました。

 また、「自分に近い役のほうがイイ」とも。本人と全く異なる役だと「やらされている感」が強いけど、近い役なら物凄い力を発揮するタイプのようです。

 では、今後はできるだけ百田夏菜子さんに合った役で活躍してもらいたいですね。しかし………

百田夏菜子さんがショートにした理由は?

百田夏菜子

 百田夏菜子さんは長らくロングヘアで活動してきましたが、今年の成人式直後に髪をバッサリ切り、ベリーショートにしました。

 自身のブログで公開したのですが、評判は様々。「ビックリした」というコメントが大半でした。私はどちらかと言うとロングヘアの方が好きですが(ショート>ロング>ベリーショート)。

 ベリーショートにした理由については、後日「いろんな髪の長さを体験したいから」と告白してくれました。よかった、また伸ばしてくれるんですね!

 女優としては「みんなが思っている自分のイメージが崩れる役」をやりたいそうです。だから定着していた「ロングヘア」のイメージを変えたかったのですね。

 自分に合っていなそうな役に挑戦したいわけですか。監督とは正反対の考えですが、それはそれで面白いかもしれません。

 時代劇でもラブストーリーでも構わないので、今後もいい演技を見せて欲しいですね。

百田夏菜子さん出演の「幕が上がる」が上映中!

スポンサードリンク

 「幕があがる」は百田夏菜子さんを含む「ももいろクローバーZ」が主演を務める青春映画。

 上映劇場127館全てで舞台挨拶を行うというトンデモ企画を展開中です。5人で分担するとはいえ、凄すぎですね。

 そんな全国行脚も今月の15日で終了。一部の劇場では生中継されますのでお見逃しなく。

 また、この無茶な企画は映像化され、今月末には「BSスカパー!」で放送されます(一人につき30分)。視聴可能なファンは必ず観ましょう。

 上映中ですが、映画の予告編はこちら。

 弱小演劇部が全国を目指す熱い青春ドラマです。部屋の中も暑そうです(笑)。

 百田夏菜子さんが演じているのは、静岡県立富士ケ丘高等学校 演劇部3年生の「高橋さおり」。台本書いてよ。

 百田夏菜子さん曰く「高橋さおりは自分とは似ていない」そうですが、ファンからは「近い」と言われているようです。だからこそ、イメージの異なる役をやりたいのでしょうね。

 やりたい役と実際の配役は一致しないでしょうが、熱のこもった演技を見せてくれることに変わりはないでしょう。

 期待しますが、とりあえず早く髪を伸ばして欲しいな。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ