中西美帆の性格は?クイメで海老蔵とキスシーン?Dr.倫太郎に出演

スポンサードリンク

 今回は「平成の原節子」と言われている中西美帆さんについて。

 中西美帆さんは兵庫県出身、高樹一生事務所所属の女優さんです。

中西美帆

 可愛いですね。

中西美帆さんの性格は?

中西美帆

 中西美帆さんは3年間横浜スタジアムでビール売りをしていたそうですが、1日525杯売ったという驚異的な記録を持っています。

 売り子としての才能が優れていたのでしょうか?いえ、違います(そうかもしれないけど)。

 ビール売りは大変なようで、1年目は泣きながらビールを売っていたそうです。

 階段で転んだり、熱中症になったりしたこともあるそうですので、かなり苦労されたと思います。

 それでもがんばれたのは負け嫌いな性格だったからです。途中で音を上げるのは負けみたいで悔しかったのでしょう。

 中西美帆さんがそこまでしてがんばった理由は、女優になるという目標があったからです。

 古典的な映画作品を1本以上見ることを日課とし、その資金稼ぎのために始めたアルバイトがビールの売り子でした。

 根性がありますよね。ここまで努力できる方はそうはいないでしょう。

中西美帆さんが「喰女-クイメ-」で市川海老蔵さんとキスシーン?

 中西美帆さんは調理師学校を卒業後、2年間レッスンに打ち込み、舞台「奇跡の人」で女優デビューを果たします。

 その後、映画デビューも果たしますが、もっとも有名なのは2014年の「喰女-クイメ-」と思われます。

 「喰女-クイメ-」は三池崇史監督によるホラー映画。四谷怪談が関係しているようですが、私はそういうのは怖くて観ることが出来ません。残念。

 そんな人間でも興味を持てるのが中西美帆さんと市川海老蔵さんとのキスシーンです。

 市川海老蔵さんは自由に、中西美帆さんは動物っぽい感じでと言われたそうですね。

 キスシーンに慣れていない市川海老蔵さんは直球で来る中西美帆さんに困惑したらしいです。

 果たして、動物っぽいとはどんな感じなのでしょうか。参考までに、プレーリードッグの情熱的なキスシーンを。

  直球ですね。きっとこんな感じですよ。ホラーが平気な方は観てみましょう。

中西美帆さんがDr.倫太郎に出演!

スポンサードリンク

 「喰女-クイメ-」で「ズルくて悪い女」を演じた中西美帆さん。

 現在放送中のテレビドラマ「Dr.倫太郎」では小夢(こゆめ)という芸者を演じています。

 夢と憧れをもって芸者の世界に飛び込んできた新人の役ですが、上手く演じられるでしょうか?

 作中では(普段は愛想のないが悪い)夢乃(ゆめの)の後輩という立場です。

 残念ながら主人公との絡みは薄そうですね。

 初回の視聴率は、悪くはないが高くもない。

 主演が堺雅人さんであることを考えれば期待外れと言われています。

 まぁ、それはそれで話題性があるのでいいのかもしれません。

 中西美帆さんは可愛いので今年あたりブレイクするかもしれませんね。

 今後に期待しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ