値上げしたすき家の牛丼を実食!肉の増量は実感できるのか?豚丼は?

 先週、すき家が牛丼を値上げしましたね。庶民にとってはちょっと痛いですが、致し方無いでしょうか。

 先日、値上げ後に初めて牛丼を食べに行きました。最初から牛丼並盛り一択です。他に選択の余地がないので。

 値上げよりも牛肉20%増量の方をデカデカと表示しているので、一見するとお得なサービスを行っているものと勘違いする人がいるかもしれませんね。まぁいいけど。

 で、実際の所「ニューバリュー」の牛丼はどんなものだったのでしょうか?

 まず見た目ですが、あまり変化を感じられなかったです。本当に肉を増量したの?と聞きたくなりました。

 でも、食べている途中で肉の多さを感じました。上からだと分からなかったのですが、厚みがありますね。確かに増量しているようだ(当たり前だけど)。

 しかし、もっと実感したことがあります。汁の多さです。

 かけすぎ!下までびしょびしょになっていて、今自分は何を食べているのだろうか?と疑問さえ抱きました。汁の割合まで増量することはないでしょうに。

 それでも、単なる値上げではなく新たな価値を提供してくれたことは評価に値します。値上げはきついですが、行く回数を減らすことで対処しましょう(笑)。

 それはさておき、豚丼が復活していたのですね。この間行った時は一応メニューもチラ見したのですが、気が付きませんでした。直ぐに出てきたので。

 これで牛丼並盛一択から解放されるのかな?と期待したのですが、どうも肉が少ないらしいですね。4枚とか本当なんでしょうか?信じ難いです。

 これについては対策を講じているとのことですが、対策って何だよ?と思います。豚丼を注文するのはもう少し情報を集めてからの方が良さそうだと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ