フロイド・メイウェザーがマニー・パッキャオに判定勝ち!世紀の…

スポンサードリンク

 昨日はプロボクシングのWBC・WBA・WBOの3団体統一世界ウェルター級タイトルマッチが行われました。

 休日とはいえ忙しかったのでじっくりと経過を見ることは難しかったのですが、終盤は手が止まってしまいました(私の)。

 見たと言ってもテキスト速報ですけどね。これだけのためにWOWOWの契約をしようとは思わない。

 この試合は「世紀の一戦」と銘打たれ、あまりニュースにならないボクシングでも話題となりました。ボクシングに興味のない親でさえ少しは注目したようです。少しは。

 試合は予想通りメイウェザーの判定勝ち。近年は攻勢よりもいかに試合をコントロールしたかが評価されるようになっています。

 メイウェザーが積極的に前に出ればパッキャオが勝ったと思うけど、そんなことをするはずもない。

 もっとも、昨日の試合はその「攻勢」においてもメイウェザーが上を行っていたようだから、この判定は妥当でしょう。8点差はどうかと思うけど。

 パッキャオのパンチを捌くのは容易ではない。だからメイウェザーがディフェンスの天才なのは分かる。しかし、それで面白いのかと言われれば「否」だ。

 「世紀の一戦」は終わってみれば「世紀の凡戦だった」という意見が少なくない。確かにボクシングは打ち合ってこそ面白い。

 「ディフェンスの凄さを観たい」という人は玄人には多いかもしれないけど、一般人には少ないでしょう。私もそうです。だからテキスト速報だけでも問題なかったかなと思います。

 予想通りとは書きましたが、期待していたのはパッキャオのKO勝ち。

 強くても何かと問題を起こすボクサーよりは人間的に素晴らしい人に勝ってもらいたかった。無敗のメイウェザーに土をつけられたら恰好良すぎじゃないですか。

 残念ながらそれはなりませんでしたが、よく戦ってくれたと思います。次の目標に向けて頑張って欲しいです。

 メイウェザーは次で引退と考えているらしいですが、どうせなら50勝まで続けて欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ