ジェームス・マクドネルが亀田和毅に判定勝ちも再戦?王座の価値は?

 昨日は米テキサス州でWBA世界バンタム級タイトルマッチが行われました。

 王者のジェームス・マクドネルは日本の亀田和毅と対戦。3回にプロ初となるダウンを奪われましたが、後半は攻勢を強めて辛くも判定勝ち。とりあえず、おめでとうございます。

 WBAにはチャンピオンがたくさんいるので把握するのが大変です。WBAのバンタム級チャンピオンと言えばアンセルモ・モレノだろうと思っていましたが、半年以上前に陥落していたのですね。

 当時のアンセルモ・モレノの肩書はスーパーチャンピオン。チャンピオン時代から異次元の強さを誇り、大人の事情でスーパーチャンピオンへ昇格。

 空位となった正規チャンピオンのイスを巡る争いは、ある意味非常に面白いものとなりました。ある意味ね。

 現在の正規チャンピオンがジェームス・マクドネルで、前チャンピオンと同じで王座決定戦で取ったもの。

 相変わらず上にはスーパーチャンピオン(ファン・カルロス・パヤノ)がいるので、実質的にはチャンピオンと言えません。果たして、この王座に価値はあるのでしょうか?

 挑戦者の亀田和毅は判定を不服として再戦を要求。どうしても手にしたい肩書のようです。価値観は人それぞれということでしょうかね?

 そして本日、再戦が内定したそうです。本当にやるのか?いつやるのか?今度はどちらが勝つのか?試合は面白いのか?個人的には興味がありません。

 ジェームス・マクドネルにしろ亀田和毅にしろ、ファン・カルロス・パヤノに勝ってこそチャンピオンですからね。興味をもつならそこです。

 お二人共、実力はあるのですから是非高みを目指してがんばっていきましょう。応援しますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ