ホテルコンシェルジュ第1話の感想

スポンサードリンク

 忙しいにもかかわらず、ドラマを観てしまいました。もちろん意図的なことであり、狙いがあってのことですが。

 それは置いといて、ホテルコンシェルジュの第1話を観た感想でも。

 至って普通

 うん、普通です。

 宿泊客の様々な要望に応える職務を担う「コンシェルジュ」という人たちに焦点を当て、やる気はあるが失敗することが多い主人公が上司に怒られたり人に感謝されたりしながら成長していく物語。

 そして、世の中には色々な人がいる。日々起こる問題に対して、仲間の力を借りながら上手く解決させていく。実に普通のドラマでした。

 直接関係はないのですが、2001年の冬ドラマで内田有紀さんが主演を務めた「ビッグウイング」があったのを思い出しました。

 空港を舞台に「ツアーデスク」を務める主人公の奮闘ぶりを描いたドラマだったのですが、上に書いたような、実に王道的な内容だったと記憶しています。

 安心して観られる反面、インパクトが弱い。結局、第1話しか観ませんでした。

 しかし、当時はただ観るだけが目的だったのですが、今はちょっと違います。だから、もう少し様子を見ようと思います。

 では、まともな感想に移りますか。

 プライム帯ドラマ初主演の西内まりやさんはやはり可愛い。天野塔子は体育会系という設定ですが、西内まりやさんはバドミントンをやっていたのでピッタリでしょう。私にも見せて欲しい(何を?)。

 先輩に当たる本城和馬(三浦翔平さん)は天野塔子に妙に辛く当たる。何か恨みでもあるのでしょうか?ちょっと感じが悪い。

 客室係の高垣亜里砂(夏菜さん)は公式サイトの表情そのまんまな感じで、愛想がよくない。だが可愛い。笑顔が観られることに期待する。

 しかし、今回で見限らなかった理由は他にもあります。

 それは「総支配人の鷲尾陵介(高橋克典さん)サイド」と「経営戦略室ゼネラルマネージャーの片桐美穂子(若村麻由美さん)サイド」の対決が気になったからです。

 鷲尾陵介が何故天野塔子をコンシェルジュに抜擢したのか?片桐美穂子が何故天野塔子を目の敵にするのか?そして、ヘッドコンシェルジュの珠久里太一(尾美としのりさん)はどう絡んでくるのか?

 ちょっと注目してみましょうか。ちなみに初回の視聴率は9.4%。ここから上がっていくのかどうか。こちらにも注目です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ