デスノート第3話の感想!さよなら、レイ・ペンバーさん?

スポンサードリンク

 第2話のラストであっさりキラとバレた(?)夜神月君。

 一方的に喋るLは第1話のリンド・L・テイラーを思い出させる。何も喋らなかった月君は成長しましたね。

 もしや捕まるのでは?と怯えている窪田正孝さんの表情が素敵過ぎる。迫真の演技だ。

 しかし証拠はなく、まだ容疑者の一人であることが分かり安堵の表情を浮かべる月君。その演技もいいんだけど、ここはやっぱりアレでしょ?ちょっとがっかりかな、脚本に。

 しかし、引き続き月を尾行するよう指示するLと、それに従うレイ(偽名)には笑わせてもらった。

 面が割れているのに尾行ってwww。

 知り合いに会ったら挨拶するのが普通なんだから、知らんぷりしている月は明らかに怪しいし、それを怪しいと思わないレイはおかしい。

 まさかストーリーの変更に伴いコメディ化したのか?そういうデスノートも見てみたい気もするが。

 そして第3話のクライマックスへ。

 月の策にハマり、脅迫されるレイ。恋人が南空ナオミじゃないのは残念だが、原作に近いのは◯。

 今度こそ勝利と思ったが、レイの演技にまんまと騙された月君。成長したと思ったのは気のせいか?

 しかし、名前を書かなかったのなら何故レイが廃工場に辿り着いたのか理解不能ですね。まぁそこは突っ込まないでおいてあげましょう。

 絶体絶命のピンチに陥った月君。デスノートの紙切れを取り出すが、名前がわからなければどうしようもない。

 名前さえわかれば………ここで、「リューク、お前が名前を書くんだ!」と言えば第3話で終了して、ある意味誰も予想できなかったラストになったんだけど、まだ続くようです。

 ここをどう切り抜けるのかと思ったら、死神の目を手に入れたミサミサに助けられるという展開に。月君の株は下がりっぱなしだ。もっとも、この辺は原作の記憶が曖昧なんだけど。

 それはさておき、橘希さんは可愛いですね。個人的には佐野ひなこさんより好きです。彼女についてはいずれ………

 次回はミサミサに会うのか?Lとの直接対決は?更なる笑い頭脳戦に期待!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ