デスノート第5話の感想。ダメだこのコ…何にも分かってない…

スポンサードリンク

 ついにミサミサが憧れのキラ様宅へ。夜神月は大喜び………とは程遠い。

 全く空気を読めずに重要なことをペラペラ喋るミサミサ。焦る月。やはりコメディ化したのか?

 自らの指示で平手打ちを受ける月だったが、ミサミサに怒りを覚えた視聴者は少なくなかったでしょう。私もその内の1人です。断っておきますが、佐野ひなこさんは全く悪くありません。

 ミサミサは月のためにとがんばっているが、短絡的過ぎて呆れ気味の月。

 ダメだこのコ…何にも分かってない…

 その後も自分の感情でしか動かないミサミサが大学に乗り込んできて月を追い詰める。ある意味Lよりも脅威かもしれない。

 そして、月がこっそりミサミサと仲良くしている(?)ことに怒りを露わにする鴨田君。なんて器の小さい人間なんだろう。佐古田の前では気が小さいし。

 月はミサミサの「堂々としていればいい」というアドバイスを受け、隠しカメラの存在に気がついたことをLにアピール。かなり強気に出ましたが、窪田君は相変わらずいい演技だ。

 視聴率は再び1桁(8.2%)に落ち、ワーストを更新した。彼が出演していなければもっと落ちていると思う。

 そう言えば、前回はニアの痛い描写が見られましたね。今回はおとなしかったけど、あんな危ない人間が外に出ていいのだろうか?職質受けるのは必至だと思うけど。

 さて、月はついにキラ対策室へ。Lとの直接対決が始まりました。

 Lは月を揺さぶろうとするが、月は冷静に対処。月への疑いが弱まる?

 月はさり気なくLにイチゴBERRYのチケットをプレゼント。いっそのこと仲良くなって「自白END」にしてみたら?意外と面白いかも。

 冗談はさておき、舞台はイチゴBERRYのライブ会場へ。月の予想に反して姿を表し、自分がsiんだら犯人は月君だというL。どう考えても99%疑っています。

 だがそんなことはお構いなしの月君。とっておきの作戦でLとの決着を図ります。やることは原作と大して変わらないけど。

 面白かったのはLと同じ格好をした人がたくさんいたこと。違った展開が見られるかもと期待したけど、月の息が上がっただけ。ちょっと残念。

 「勝った!」。そう確信したライト君でしたが、ミサミサは現れず。直前で逮捕されてしまいました。Lの方が一枚上手でしたね。

 次回はついに危険なシーンに突入。放送していいのでしょうか?いや、視聴率回復のチャンスかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ