デスノート第10話の感想!視聴率は安定しているが、内容が残念!

スポンサードリンク

 久しぶりに感想でも。

 少しずつ原作との違いが大きくなってきていたけど、前回はそこそこ面白かった。

 視聴率について馬鹿にしている人が多いんだけど、平均視聴率はこの秋ドラマの中では「花咲舞が黙ってない」に続いて堂々の2位なんですよね。

 そもそも2桁行けば成功で、1桁だったのは2回だけ。今回は11.4%で、最終回は更に上がるでしょう。

 これで「つまらない」とかありえない。つまらないなら見ないはずだから。

 と、ここまでは褒めてみた。しかし、第10話は「なんだそりゃ?」の連発でした。

 メロがニアの体を乗っ取って暴走したまではいいが、「日村の仲間でした」って「なんだそりゃ?」

 いつ接点があったのか?最初からってことはありえないだろうし。

 さらに、アジトでチョコレートを食べていたところをあっさりつかまるメロ。「なんだそりゃ?」

 間抜け過ぎる。その後は脱走するが、どうやったのかは不明。念力?

 Lがどこまで考えていたかはわからないけど、メロが何を考えていたのかはもっとわからない。何がしたかったのか?

 一番酷かったのは夜神総一郎の最期。

 命懸けで息子を説得するシーンは良かった。動揺する月。もしかしたら原作と異なり、罪を認めて出頭。親子愛を描いた感動作になるのでは?

 と、少しは期待したが………何も変わらない月。父親が悲しい結末を迎えたにも関わらず、悲しむどころかノートを守れて狂喜。「なんだそりゃ?」

 なんて酷い男なんでしょう。確かに原作の月も酷いが、窪田君に演技力があるから余計に酷く見える。明らかにミスキャストだ。

 結末はわからないけど、予想する気にもなれない。とにかくニアとメロが酷すぎた。視聴率は高いが、あんまり評価はされないと思う。

 最終回は………期待しないでおきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ