仮面ライダーゴースト第26話の感想!ついにアランが仲間に!

スポンサードリンク

 自分の演技力の無さに気が付かず、アカリを「鋭い女」と勘違いしたアラン。

 「この女さえ…」と物騒なことを言いつつアカリに忍び寄る。まさか中盤でヒロインが退場することに…

 ならなかった。

 直前で気づかれ、「声かけてよ」と言われ、「すまない」と答えるアラン。

 その上アカリの問いに真面目に答え、協力することになる。何しに来たの?

 再会したイゴールには「あなたは何がしたいのですか?」と言われてしまう。全くだ。

 赤い空の影響で実力を発揮できないネクロム。かつては「完璧」と形容されていたライダーが、イゴールごときに手も足も出ない。悲しいね。

 その後、どういうわけか眼魂を使えるようになり、反撃開始!逃げられてしまうが、結構押していたので、タケルが来なければ倒せていたかもしれない。

 今更だけど、変身シーンはネクロムの方が格好いいね。「バッチリミナー」はあまりにもダサすぎて、何度も見るのをやめようかと思ったほどでした。

 今回はアカリとアランの活躍が凄かった。

 アカリはここに来てリケジョぶりが目立ってきた(というか、忘れていた)。

 仙人の力を借りずとも自力で問題を解決し、赤い空の中和剤を作った。苦しんでいたカノンちゃんがすぐに回復した。天才だ。

スポンサードリンク

 フミ婆も凄い。明らかにデートに似合わないファッションをしているアランに怯えるどころか聞き上手で、的確なアドバイスを送る。

 フミ婆とたこ焼きの力でどんどん普通の人間に近づくアラン。そこにアカリの活躍(中和剤)も加わり、心が動いていく。観ていて面白いですね。

 対して、タケルはイゴール達の逃亡を手助けした挙句、屋上から落ちたアカリを救うこともできない。ちょっと残念な主人公だ。

 だからこそ、アランがアカリを助けるシーンは良かったです。もう彼が主人公でいいのでは?面白いし、変身シーンも(ry

 その後、飛行機眼魔兄弟との対決となりましたが、はっきり言ってこいつらは相手にする価値もないでしょう。だって射撃の精度が低すぎるんだもの。止まっている相手を外すなんてね。

 案の定、あっけなくやられる兄弟。弱すぎるので必殺技で葬られるなんて幸せ者では?

 それはさておき、ついに仲間になったアラン。タケルを従えて眼魔の世界へ!

 その眼魔の世界では、アリアがアドニスの生存に気がつく。しかし、「アデルを頼む」という謎の言葉をかけられ、困惑する。

 そのアデルは祈りの間で異変を目にする。一体何が?

 次回はどんな戦いが見られるのか。楽しみですね。

第25話の感想 (^o^) 第27話の感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ