仮面ライダーゴースト第27話の感想!アデルの暴走が止まらない!

スポンサードリンク

 今作は初期の頃からお笑いの要素が少なくなく、コメディ路線だと思っていました。

 改めてそう感じたのが第27話。先週、祈りの間で起きたことはお笑いの前触れだった。

 アデルの前に現れた「ガンマイザー」。顔はアデルそのまんまデアル。それだけなら何ということもないけど………

 増えた(笑)。同じ顔が(笑)。吹いた。

 ガンマイザーは笑えたけど、見方を変えればコメディではなくホラーかも知れない。タイトルがゴーストだけに、そういう方向性なのかもしれない。

 と少し思ったが、それは間違いだった。マコトがイーディス長官に再会した時のことだ(過去に何があったか知らないけど)。

 マコトが見つけた眼魂には凄まじい力が宿っているらしい。覚悟を持って手にした眼魂に刻まれていた文字は………

 DEEP SPECTER!

 面白かったです。あの人しか思い浮かばない。どこまで笑わせてくれるのでしょうか?

 おまけにアドニスを閉じ込めておいた結界はタケルが簡単に破壊(笑)。意味があるんだか無いんだか。とりあえず、アリアに戦闘能力がないことはわかった。

スポンサードリンク

 戦闘能力がないと言えば、グンダリ無駄使いおじさんこと「ジャベル」。

 先週で力尽きたのかと思ったら、しっかり生きていました。イゴールって実は優しい?

 それ以上に優しかったのが御成。敵であるはずのジャベルを倒すどころか中和剤で回復させ、更におにぎりまで与えるのですから。

 「慈悲こそ仏の教え」。住職代理という設定は伊達ではありませんね。人の優しさに触れたジャベルは変わってくれるのでしょうか?

 だが、笑いと良い話だけで終わらなかったのが第27話。

 アデルの独断により不要な存在とみなされたアドニスは刺客を送られ、アランをかばって負傷する。更にアデルの手により………

 自分は完璧で正しいと信じて疑わないアデル。とんでもない奴だ。この男の暴走を止めることはできないのだろうか?

 アランは父親と再会できたが、早すぎるお別れとなった。父が生きていることを知ったのは先週の終わり際だというのに。悲しすぎる。

 しかし、悲しむ間もなくガンマイザーが襲いかかる。ピンチだ。

 次回はデビュー当時はタケルを圧倒するがジャベルにボコられ、成長したかと思えばアランに操られ、アデルに手も足も出なかったスペクターがパワーアップして活躍してくれそうですね。

第26話の感想 (^o^) 第28話の感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ