仮面ライダーゴースト第28話の感想!脅威!山ノ内御成の知略!

スポンサードリンク

仮面ライダーゴースト第28話の感想!

 敵の本拠地でガンマイザーに襲われ、ピンチに陥ったタケル。

 アランは放心状態で頼りにならないが、アデルも何もしない。1対1か?実は紳士?なわけないか。

 タケルはグレイトフルで応戦!コピーなんかに負けるものか!しかし、攻撃が当たらない。

 「なんだこいつは!」。卑怯なくらい強かった。

 人間界では画材眼魔がスランプに陥り、悩んでいた。カノンちゃんが心配して一緒にお散歩に。

 画材眼魔を見ても全く反応しない通行人と、音符眼魔を見て驚くカノンちゃんが今週最大の笑いどころか。

 眼魔の世界ではついにタケルがアリアと出会う。「誰だ!」はないだろう、失礼な。

 アリアはアリアで、あまり弟を心配している様子がないし、敵に見つからないように誘導したはずなのにあっさり見つかるし。ここも笑うところか?

 「ここは私に任せて行きなさい」。え?戦えたの?その実力は?今週の出番はここで終わってしまったので、来週以降を楽しみにしましょう。

脅威!山ノ内御成の知略!

 今週は人間界も熱かった。

 裏切り者の画材眼魔とストライキ中の音符眼魔に激怒するイゴール。「消去するのみ!」

 真っ先に応戦したのはリケジョの本領を発揮し始めたアカリ!これは期待できる!

 と思ったら、あっさりやられる。よえー。第26話は何だったんだ?音符眼魔は使えねーし。

 御成が決死の覚悟でみんなを守ろうとするが、まともに戦えるわけもなく、危険な状態に。

 ここで突如として現れたのがグンダリ無駄使いおじさんジャベル。KMSをぼこり、変身を解いた。

スポンサードリンク

 格好いいじゃないですか。一宿一飯の恩を返したのか、個人的な恨みを晴らしたのかは不明ですがね。

 というか、「一宿したのかよ!」。もう完全に仲間じゃないか。不思議に思うアカリ。

 御成曰く「情けは人のためならず」ということらしい。アレは自分のためだったのね。

 考えてみれば、マコトを倒し、タケルも倒そうとしていたジャベルを助ける理由なんて一つもないんですよね。

 つまり、先週の慈悲に溢れた行動はジャベルに恩を売って手駒にしようとしていただけなのだ。

 恐るべし、御成の知略!タケルたちに味方しているのも偽りの姿なのだろう。目指すは世界征服か?

感想の続き

 冗談はさておき、アカリの活躍によりお笑いキャラの仲間入りを果たしたイゴール。今後が楽しみだ。

 眼魔の世界ではついにマコトがタケルたちに合流。からくもピンチを脱出したが、例の双子に見つかってしまう。

 しかし、アランがようやく「この世界が完璧ではないこと」に気がつき、兄に牙をむく。完璧じゃないことは全視聴者がわかっていたことだが、それは言うまい。

 ここでアデルたちを倒せば格好いいのだが、それだとデーブディープスペクターの活躍の場がなくなってしまうので、自粛してもらった。

 そう、今週の最大の見せ場はマコトの活躍なのだ。心なしか、普段よりもイケメンに見える。

 「ギロットミロ―、ギロットミロ―」………ごめん、やっぱりだせーわ。

 でも強かった。雑魚はもちろんのこと、タケルが手も足も出なかった相手をやっつけたからね(消える能力はどうした?)。

 これで話が一段落したようで、画材眼魔は旅に出るという名目のもと、お役御免となりました。お疲れ様でした。

 今週はカノンちゃんの出番が多くて良かったですね。次週も期待しましょう。

第27話の感想 (^o^) 第29話の感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ