仮面ライダーゴースト第34・35話の感想!ムゲンが強すぎる件!

スポンサードリンク

 仮面ライダーゴーストもついに第3シーズンに入ったようですね。

 これからどうなっていくのか非常に楽しみです。色々な意味で。

仮面ライダーゴースト第34話の感想

 今回で初めて仙人に会ったマコトとアラン。しかし、イーディス長官と瓜二つなので、長官と思ってしまいました。無理も無いですが。

 自分と同じ顔の人物がいると聞いて驚く仙人。無理もない。しかし、「そんなイケメンがこの世に存在するのか?」という疑問には無理がある。

 だが、ふたりとも突っ込まなかったので、実はイケメンなのかもしれない。こればかりは女性の意見を聞いてみないとわかりませんね。

 それはさておき、仙人からはグレートアイとガンマイザーに関する情報が聞けたので、ちょっと面白かったです。

 そのガンマイザーは前回ムゲンに敗北。また復活するのかと思っていましたが、こんどこそ消滅したようですね。

 動揺するアデル。今のうちに和解交渉をした方がいいのでは?

 今回は夢の世界のお話。夢の世界で楽しい思いができるなんて、夢のある話ですね。

 リケジョのアカリも「非科学的」等とは言わずに楽しんでます。やはり前回の件が堪えているのか?ちょっと可哀想です。

 たこ焼きしか楽しみを知らないアランもちょっと………。唯一幸せだったのはマコトでしたね。実に羨ましい。浦山しい太も黙っていないでしょう。

 しかし、夢の世界でもガンマは襲ってくる。イゴールはアデルの命令でタケルを追い込み、ムゲンに変身させようとする。

 前回は光っていてよくわからなかったムゲンですが、今回ははっきりと視認できました。

第35話の感想!ムゲンが強すぎる件!

スポンサードリンク

 恐らく最強形態のムゲンですが、見た目はそこそこ格好いいです。

 最初のゴーストからパワーアップを重ねる度に良くなってきましたが、ムゲンは主人公として悪くないデザインと言えるでしょう。

 やはり当初から「だせー」、「昭和」という意見が強かったのだろうなと勝手に想像してしまうほどです。

 ヨロコビストリームで雑魚を撃破しましたが、ガンマイザーは分析だけして(?)逃走しました。決着はラストで。

 現実世界では御成がアランからお仕置きをされ、楽しい顔に!アランの優しさが伝わってきます。いつか決着をつけてね。

 眼魔の世界ではアデルが「測定不能。人間を超えた存在」という報告を受け、更に動揺が強まる。

 そんなタケルは夢の世界でグリム童話を楽しむ(?)。このギャップは何なのか?こちらを分析した方がいいのでは?

 しかし、楽しむことは重要です。今回のお話で、何故アカリが科学を好きになったのかが説明され、片桐兄弟も科学の楽しさを思い出し、一件落着となりました。

 後はイゴールとガンマイザーを倒すのみ。タケルがムゲンに変身し、圧倒的な力を見せつけます。

 攻撃が凄いだけならこれまで何度も見てきましたが、ムゲンは防御も完璧。ガンマイザーは赤子同然で、アデルはしょんぼり。やはり和解交渉を………

 だが、強すぎるのも考えものです。これじゃマコトもアランも要らないじゃないですか。次回予告も嫌な予感がするし………

第33話の感想 (^o^) 第36話の感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ