仮面ライダーゴースト第39話の感想!変身!やっと動いたアリアだが…

スポンサードリンク

 今回はOPから始まらなかった。いよいよクライマックスか。

 アデルとガンマイザーの話に興味を抱いたイゴールだが、そこに激高モードのアリアが現れる。

 下がれという命令に逆らうイゴール。これは……これは期待して良いのか?と思っていたら………

 お約束の通り、平手打ちを食らう。期待を裏切らない男だ。

 それにしてもアリアは気合いが入っていますね。やっと動き出したわけですが、これは当然でしょう。

 あんなダサい姿を公衆の面前で晒されたら姉として恥ずかしくて我慢できないからです。

 それを阻止する目的でアデルが望んでいることを今更問い詰めるが、話すだけ無駄とわかり、実力行使に出る。

 「変身!ネクロム(ピンク)!」

 格好良い!今まで何もしてこなかったのはこの時のためか?これは期待して良いのか?と思っていたら………

 ガンマイザー2体に普通に負けて終わり………。( ゚д゚)………

 明らかに体格で負けている相手、しかも2体に肉弾戦を挑むなんて無謀もいいところですよ。もう少し知的に戦って欲しかった。

 もっとも、女性キャラの扱いが酷い本作では無理なことか。

 一週間楽しみにしていた私の気持ちはものの見事に裏切られましたね。平手でイゴールからダウンを奪えなかった時点で嫌な予感はしていましたが。

 しかし、兄アルゴスが存在していたことやガンマイザーのバグなど、面白いものが見れて良かったですよ。お疲れ様でした。

 ここでOP。どんな変化があるのかと思ったら、いつもどおり。ことごとく期待を裏切るね。イゴール以外。

スポンサードリンク

 人間界では、とある父娘が大天空寺でわざとらしく親子喧嘩。

 どうやら、仕事ばかりで家族を顧みない父親とそれに不満を持つ娘さんのようです。ありがちですね。

 確かに仕事は大事ですが、こんなに可愛い娘よりも仕事を優先する父親なんて、許せませんよね。

 ちなみにマコトとカノンちゃんの父親はとんでもない男のようです。マコトはともかく、カノンちゃんを悲しませるなんて、本当に許せませんよね。

 この後、新たなガンマイザーが先ほどの親子を襲撃し、面白い展開に。今度のは妙にコミカルだなと思っていたら………

 さて、今回は前作「ドライブ」を彷彿とさせるような刑事もの。怪しい人物が何人も登場します(父親を含む)。

 恐らく篠崎のおじさんが犯人でしょう。心配するふりをしたり、犯人扱いする辺りがいかにも怪しい。

 終盤、真由ちゃんの姿をした人物が「観察」と発言。鈍い人でも流石にここでガンマイザーがコミカルな理由がわかるだろう。

 イゴールはガンマイザーの行動に大変興味を持ったらしく、邪魔をするタケルたちに果敢に戦いを挑みます。勝てるはずもないのに。

 「お前、見かけによらず勇気あるな。」

 「でもバカだな!」

 そんなタケルの声が聞こえてきそうな一方的な展開となり、シンネンインパクトを喰らって敗れ去ります。

 しかし、親子の問題は未だ解決していない。真由ちゃんは父親が情報を漏らしていたと誤解し、悪事を暴くと宣言。

 だんだん刑事モノらしくなってきましたね。何かが違う気がしますが。

 ちなみに今回の最大の見所は、ビリー・ザ・キッドが憑依したカノンちゃん。可愛い!来週も楽しみです。

第38話の感想 (^o^) 第40話の感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ